« やけに冷たかった | Main | ほんの少しでも »

13 August 2006

くそったれの人生

さてと、みなさん海やら山やら何かと夏を楽しんでるかと思うけど、こんな楽しい連休なのにさ、やっぱりオイラにはキチンと落ちが付いている様だ。

いや、落ちというよりもむしろ運が付いているようだ。

運、うん、ウン??? 

 

始まりはいつも良し。終わりは良ければとか何とか言ってるが、そんな事は考えない。俺の辞書には書いてない。

そう、いつもそうなるとかああなるとかは限らないものだ。予想だにできない。

 

Bbq_1初めは良かった。楽しいし、おいしいしな。

ってもBBQなんて肉は最初だけで、結局ビールがメインになるんだけども。。

んでもって何故だか知らんないが、酔いが早かったような気がした。特に調子が悪かったわけじゃなかったんだけど。

普段オイラはほとんど酔わないキャラ。いや、正確に言えば俺が酔うまでに周りの人間が先に酔いつぶれる事が多いかな。だからこそ、昨夜はちょっとおかしい感じがした。

学生時代にごくまれに覚えた感覚。あの変な酔い方。いつもならある程度飲めば逆にシャンとしていくんだが、昨夜はどんどん酔っていく一方だった。

 

記憶が飛んだ。久々だ。社会人になってからホント久々だ。途中から記憶が断片的になり、後はもう。。。

 

気づけばもう朝だった。暑い日差しが照りつけ、俺の目は暗い闇から無常にも覚めてしまった。覚めなければよかったのに。

昨夜皆が何を話したか?自分が何をしたか?どうやって帰って、床に就いたのか?

それはわからない。だが分からずして特に問題はない。慣れているから、そんな事は。

 

って違うだろ、そんな落ちじゃないだろ!!あんた目が覚めちゃったんだろ!!

 

そうだ。

 

付いてしまった。運が、いや、ウンが付いていた。

過去にも三回ほど失敗はある。が、今回は久々なのもあるし、目覚めからかなりテンションが下がってしまった。やってしまった。もうこんな癖なんか直ってたと思ってたのに。

 

くそまみれだ。フローリングにシタって事はそこがトイレだと思ってるって事。当たり前だけど、全くもって汚く馬鹿な話&ドン引き状態の部屋がそこにはあった。

んでシタ後はその付近で寝てるだろ。だから本当にくそまみれだ。鶴莉男さんよ、久々にぶちまけたぜ!!

この癖はかなり危険だ。一人でそれを発見し、処理をしたものの、誰かに見られたらどうするよ?!おいおいやばいぜ。それにフローリングじゃなくて畳やじゅうたんならなおさら厄介な代物だ。なのにそれが今回はビールだけで簡単に出ちゃうなんて。。。

出ちゃう出ちゃう。皆様も飲みすぎにはご注意を・・・。

 

一階では子犬があちこちで糞をしている。そして二階では爺さんがあちこちに糞をしている。

全くよ~こんな糞まみれの青春なんていらないぜ。。。

|

« やけに冷たかった | Main | ほんの少しでも »

Comments

(笑)!!!
ウチもたいがい酔っ払うとヒドイあり様だけど、あなたもタイガイだな(^^)
ほんに、フローリングで良かったな☆

Posted by: しき | 14 August 2006 at 06:49 AM

うっひょお。ぶちまけたかね。ここまで来たら、酒を飲んだら肛門が開く仕組みになっちまったとしか言いようがねえなあ。俺も相当緩い方だけど、スッキリ出し切ったことは未だねえでなあ。さすが有段者。未熟っす、俺未熟っす。まあこれにめげず、頂点までいっちゃえや。次は、on the 畳でdo the best

Posted by: 鶴莉男 | 14 August 2006 at 10:09 AM

まじで精神的に凹むわ!!
若いがあ!!って言うよりはむしろ赤子レベルだな。。。

Posted by: たっく | 14 August 2006 at 08:59 PM

うわぁ、ドンびきっ

王子という名が汚れるぞ...というより、それでも不動の地位を保つ爺やを尊敬するわ

Posted by: sego | 14 August 2006 at 08:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180178/11417039

Listed below are links to weblogs that reference くそったれの人生:

« やけに冷たかった | Main | ほんの少しでも »