« 主観 | Main | さよなら先生 »

11 July 2007

間に合わせの

Img_0322こないだ、ふらっと買い物に行ったことを書いた。

意気揚々とチャックにしっかりと蓋をして向かうところはswanからの再編であるDanny。

 

店を変えてから顔を出すことがなかったのもあってか、少々挙動不審気味に入る。

 

居ない。だれが居ないってそれが今日の話題、Nums Candle。

まあどこに行ったかって単なるタバコ休憩だ。基本彼はタバコで店に居ないらしいから。

 

 

前にも話したが、オイラは何屋だろうが、店の店員とやたら長話をするのが好きだ。それが良いようにも悪いようにもなるとも周りからは言われるけど。

彼の場合は地元で見知りの米子在住ってのもあり、ごく自然と会話を進められる。会話の合間におすすめの服を試着しながら、地元の話をしてみたり。

 

タバコ休憩。外でほげほげと近頃の若い学生のファッション事情や、ネットショッピングの一抹の寂しさや、こういった業界のこれから迫りくる厳しい現実を聞いてみたりと。。確かに。男衆だけで店を練り歩いているなんて光景、この日は目にしなかった。

これは確実にオイラの世代とは全く異なっている。

 

熱くなるのもさておき店に戻る。また試着をしてみたり近々行われる緑水祭の話を聞いてみたり。週末に控える緑水祭でのDECO担当と聞いたもんで。

サラリーのオイラには全てが新鮮である。また、彼にとってもオイラは全く違う境遇で働いているというのも事実である。どちらもどちら側にはなれないのだからきっと。だからこそオモロイわけであるが。

 

コーヒー休憩。そこからがまさにNums Candleからの煩悩。

今もしこしこと間に合わせを図っているのか。雨が降らぬように祈っているか。そこら辺は分からない。彼は108個のキャンドルを手製で拵えるつもりだ。

何にせよ煩悩って響きがいい。美しく、四国霊場を思い出させる。

その後は向こうペースでキャンドルへの熱き思いをひたすら聞き、全く興味が無かったオイラも釘付けだ。いつか誰ぞやのガーデンウエディングでお披露目ができるとええなあ!!

 

日常にキャンドルのある暮らし。そう遠い話ではないかもしれん。

 

緑水祭の成功を祈るのみ。Candle

  

あまりにも綺麗なのでこっそり引用させてもらいました。

こんな感じかな?! 

 

|

« 主観 | Main | さよなら先生 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180178/15727631

Listed below are links to weblogs that reference 間に合わせの:

» ミッシュ マッシュ [ミッシュ マッシュ]
ミッシュ マッシュはファッション雑誌で話題のブランドです。ミッシュ マッシュをオシャレに着こなして、モデル気分。 [Read More]

Tracked on 12 July 2007 at 01:37 AM

« 主観 | Main | さよなら先生 »