« September 2007 | Main | November 2007 »

25 October 2007

アニキは実に卑猥だわ

Img_0751アニキ。つまり我らが崇拝する剛から今、ようやく遅ればせながら、オイラに誕生日プレゼントが届いたいや。

無論、お金はこちらからお支払いしとるけどな。

 

先日のアリーナーツアーのオフィシャルグッズですわ。毎度ライブに行くたびに、何かしら衝動買いをしとるけど、今回は何故かボクサーブリーフを購入したに。

普通ならTシャツだとか、特大タオルだとかパンフレットについつい注目してしまうだけど、今回は剛も初の試みであるパンツだ。

 

だってこれ見てみいやあ~、今回のツアー名が「Come on Stand up!」だーで。

それを堂々とパンツに縫いこむか普通。。

 

パンツに向かって、立て、立ち上がれ!!って言ってもなあ。。それはいくらなんでもマズイぜよ。

しかもレディース用まで揃ってるとは。

流石クレイジーであるな。オイラはどうしてもなかなかこのパンツを履きづらい。買ったものの、現物を見てやはり引いたわ。しかもヨレヨレでユニクロの方が断然マシの手触りに。

嫌しかし、これをファンとしては義務として履かなければならない。そりゃそのチャンスもいつ到来するかどうなのかは分からないけどな。

 

さあさあ、次にツアーに参加する後発部隊の皆様。

彼は手ごわいぞ!!オイラの時よりずっと仕上がりは良くなってきているらしい!!

心してかかって欲しいものである。

 

立つんだ!我が少年よ!!!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

23 October 2007

今夜の晩酌は決めていた

Img_0748_2さあ、今夜は予告通りにビールを買いに行った。普段は夜の過ごし方に色々と悩むところもあるが、今夜だけは完全に決めていた。

決めた!!晩酌だ、ビールだ。しかも量も完全に決めていた。

 

27という数字だ。そうだ、27リットルの汁という題名にして、ブログを書きつつ、それを肴に飲んでみようと一瞬だけ思った。

が、そんな暴挙を働いては体中の穴という穴から様々な汁や汚物が流れ出し、明日は仕事どころではなくなる。

 

と、言うわけでかなり妥協をして2.7リットルのビールを飲むことにした。これくらいの量でも、結構酔ったりする。やはり発泡酒とは違うね。

周りは結婚やらなんやらで盛り上がっているが、オイラはビールのチョイスで一人スーパーで盛り上がる。スーパーも捨てたもんじゃないなあ~。。

 

さあ。27歳はどんな歳にするかって??

言わずもがな。昨年以上に飲む。ただそれだけ。そうでも思わなければ、経年どんどん酒が飲めなくなる。酒が飲めなくなれば死んだも同然、それだけは避けたい。

 

ビールは幸せ。

ただそれだけが、不変の幸せ。いつまでも健康に飲めることを願うのみ。

 

恥ずかしながら、

オイラに乾杯!おめでとう!!27歳!!!

| | Comments (7) | TrackBack (0)

22 October 2007

プレッシャーの中からある笑いが生まれた瞬間

Img_0719今回は実に長く、果てしなく、重厚な旅となった。移動時間往復15時間の滞在時間20時間ほどの山形での祝言は笑いと感動をもってようやく終わった。

 

チャペル挙式から始まり、オーソドックスな披露宴からそのスタイルまでどれを取っても安心して楽しめた。

最近は様々なスタイルの挙式や披露宴が催されているみたいだが、やっぱりオイラは屋内での白を基調とした、80人くらいの規模で、誰もが予想できるこの空間が一番好きである。御家族や親族にも、一番持って来いのシチュエーションだ。

この調子であちこち出席しまくれば、にわかプランナーくらいにはなれるかもしれない。まあ自分の時にそれは取っておくとして。。

 

さて、今回もちょいと仕事を頼まれた。オイラを始め、周りの連れも互いに牽制しあい、生きるか死ぬか、命がけの覚悟をもって壇上へ立つ。そして結果には確実に勝者と敗者が付き物だ。何とも厳しい世界である。

主役のお二方をそっちのけで皆がやりたいPLAY。まあそれくらいこの新郎なら許してくれるだろうが。

余興を終え、首を傾げる者、知ったこっちゃ無い者、得意気にコーヒーで締める者、うつむき加減で悔しがる者。様々な連れの様子が伺えてそれもまた醍醐味である。

 

Img_0736 オイラはいつものように緊張感から解き放たれたと同時に睡魔に襲われた。これはもう飲むしかない。感動的なシーン、シャッターチャンス、新郎の挨拶など、その後の様々な美しい光景に全てに「紗」がかかっているようだ。いつもより酒が深い。。。

二次会から三次会から四次会・・・。酒と勢いと笑いしかそこには残っていなかった。少なくともオイラには。

 

何だろう。次にいつあうかなんて分からない連れ。モノマネに酔いしれるそん時の猪木共や、極秘入籍した馬鹿者や、相変わらずイケメンの独身中毒者や少しだけ大人になったパパや。。なのにほとんどそいつらとマトモな話なんてしてはいない。

記憶が断片的になるくらい酔っていたのもあるが、皆が何をしたいのか、その場が楽しめればいいのか、懐かしく思うだけで充分なのか、仲が良いのか悪いのか。まあいつものことだ。ギリギリの状態でお二方を祝っている雰囲気にチョイと失礼だったかもしれないと思ってしまう後のお祭り。

 

結局、何処かでつまづき強くぶつけた膝の青あざと、早速新しいズボンにしっかりと傷が刻み込まれ、オイラは両手を大きく振り宴は終了した。およそ丸24時間は起きていたことであろう。

また無意味な会話がいつの日か出来るのを楽しみしとくぜ。それまではあの勝者の思い出し笑いで場をつないでおくからな!

 

さて、明日は明日は。

ビールを買いに行こう!!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

20 October 2007

陸の孤島

陸の孤島
早朝5時に地元鳥取県を出発し、向かうところは大学の旧友が待ち構える山形県。

そいつの披露宴に参戦するための朝霧ハイウェイ。


今回の旅がおそらく人生の国内旅行の中で、最も面倒くさく、行き先のはっきりしない、アクセスが不便な過酷な遠回り感を全身で感じられることになるであろう。

お互い日本海側に属し陰気なイメージには事欠かない。だが意地でも行かなくてはならないのだ。

さて、どうしてたどり着く事が出来ようか。何故か今回は大阪は伊丹空港へ焦点を絞った。そこから一度仙台まで飛び、そこから山形までバスで向かうプランである。

後で分かったんだが、普通に鳥取から羽田経由で新幹線が一番手っ取り早い事に。

だがもう時既に遅し。もう出発している。時間も全く予想が出来なかったために大幅に空き時間を伊丹で過ごす事になるだろう。


何とまあ面倒だ。もしオイラがもし何かの偶然で、もし奇跡的に結婚することが、万が一あるかもしれないとすれば、奴らをどう呼べばいいのだろか。

地方都市の奴らにどう導けば良いのだろうか。

この時期いつも考えさせられる。


さあ、もうすぐだ。頑張れ!!

あれ、オイラ何処に向かうんだっけ。。。

| | Comments (2) | TrackBack (3)

14 October 2007

おひさしブリーフ

Img_0689_2何とも久々の更新。

 

しばし休憩をしていた。夏の怒涛の無計画旅行の疲れのせいなのか、栄養失調なのかここ最近は本当に体がだるい。そして金も当然の如くない。ない。ない。

だがそうも言ってられん。これからまた巡ってくる怒涛の企画運営、司会進行の山盛り沢山。もうたくさんって奴だ。

そろそろ重い腰を上げねばならぬ。皆の笑顔が見たいから、そして自己満足をしたいからだ。

 

さて、ちょいと話をズラす。

オイラが良く、必要以上にあちこちに遠出をしているのは皆様もご周知の通りであるが、その大半は出張や連れの結婚式である。特にオイラが好き好んでぶらり旅をしているわけでもない。

だからそんな時はほとんどスーツを着ている。しかしオイラは職種柄、スーツを仕事で着る必要はなく、このスーツ一着しか所有していない。貴重な一着なのだ。

だが、このスーツにも限界が来たようだ。つい先日スーツを着ることがあった。所要をすまし、一休み。するとオイラ対して急に笑い出したお方が。

何ですか?何か変ですか??

 

相当変だ。いや、事件だ。

ズボンからチラリとブリーフ出現!!!!????

チラリどころではない!ほぼ全開である。

 

衝撃である。何時から破れていたのだろうか。まさかこないだの神戸出張の際にも既に裂けていたのか。あるいは見てみぬ振りをされたのか。真実は分からない。

背筋がゾクッと凍ったような気がしたなんて、まさにこの事だ。

 

よくもまあここまで履き潰したもんだ!そんなに人生、裂けるもんじゃないよ。しかも15センチ以上も。

来週は連れの披露宴だ。速やかにスーツを買いに行かねば!時間がない。もしも気付かずにその披露宴に行ってたとしたら、、、、皆はフォローしてくれたんだろうか。

答えはノーだ!絶対笑うだろうな。腹抱えるか失笑の渦かどちらかだと思うな。オイラが逆の立場ならそうだもん。

 

皆様も、一度お尻の確認を。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

03 October 2007

いい顔してるネ

何で謝罪したんかなあ。

ええ顔しとったのに。沢尻様~。

あのふてぶてしい態度とあの興味無さげなうつむき加減。オイラにはもうたまらんわい!!誤らんかったらごっついたまらん!

誤っても奈央結構たまらん。何せオモロイし、怖いし、ごっつい叱られたいし。。

 

今更であるが、辛抱たまらんのでカク。沢尻様の奇行に今だ奈央テンションが下がらない。いや~!!イイネ!!責任取るってよ!だったら脱ぐかもなあ?!脱げ脱げ脱げえ!!!

 

熟された富永を睨み付けるあの眼光。めじゅーさの如く皆が固まったことだろう。そりゃそうだ。何かしらの過程を辿ってあの態度を示すならまだしも、いきなり意味不明の不快指数120%だもんな。

興味ない人は、追放追放!!って思うかもしれんし、キャラを吐き違え過ぎって思うかもしれん。一人の人間として不適格だと厳しい発言をする人も多かろう。普通ドン引きだわな。

 

でもオイラは完全に惹かれた。

惹かれると同時に、昔のオイラを思い出した。どうでもよくつまらない事なんだが、あの意味の分からない不機嫌なオーラと、愛想のない淡白な返答に周りを暗くさせていた空気と共に仲良く過ごしていたオイラ。

まさに完全に無意識である。彼女の場合はどうだか知らんが、オイラはそう。

思い出すと本当にひどい。学生の頃、寝不足のまま一心不乱に学へ赴き、皆と同じ空気を吸う。ただ吸うだけである。

決して話をしない、口を開けるのもだるい。いや、別に。。。

 

当然、周りは気になる。ああ、今日の爺やはアノ爺や。昨日はアアだったのにな。今日はいけん日みたいだ。最近アノがばっかりだ。ええ加減にせえ!

当然教育的指導を受けたこともある。そん時はまあ反省し、それなりに努力するわな。続くかどうかは別にして。協調性がないのか、自分本位なのか、情緒不安定なのか、どれか覚えてはいない。

いや全部だ!!

 

最近は流石に社会人ってのもあり、多少は成長したように思われると思われる。だが、まだまだ朝一は苦手である。数多くの人に気を使ってもらっていることであろう。どうかこれからも気を使って下さいまし。

もういいや。考えるのも面倒くさい。このまま生きヌコウと決めている今日この頃でエリカ。 

 

とにかくオイラは長澤会より断然、沢尻会ってコト!!!

後は!?

 

特にないです。。。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »