« 散々たる結果に | Main | テレビの魅力 »

27 December 2007

実に面白い

サンドウイッチマン。

こないだの敗者復活組からの躍進に皆さんも正直驚かれているところかと思います。

 

B3472a36f5b28aece58f945f60211209_3 オイラにとって、クリスマスなんてM-1のおまけみいなもの。M-1を見ていると、クリスマスなんかどうでもよくなる。ネオンよりもチキンよりも、そこら辺にまとわりつくアベックよりも、三度の飯より笑い飯の方が随分気になるところ。

しかし、またしても笑い飯は周囲の期待を裏切ることに。まあオイラの期待は決して裏切っちゃあいないけどな。

明らかに聞く側を意識しないマニアックなネタ。高得点を狙っている気がしない。そして毎度お馴染み時間オーバー。しかも一番手であることから、優勝候補からは完全に遠ざかる。

でもそんな笑い飯と、囁き千鳥がたまらなく好きだ。こいつらは別格である。それぞれがやりたいようにやっている。決して優勝はできないであろう。しかしこの2組はM-1では無くてはならない存在であり、永遠の汗かき役なのだ。

審査員には完全に飽きられている。出始めはもてはやされていたのに、今となれば微妙な判定続き。実に悲しかった。

 

そして最終決戦。

 

トータルテンボスは若い世代にはウケルと思う。ネタはそこまで目新しくは無いけども、スキマスイッチを彷彿とさせる抜群のキャラ。大村の司会者てきな鋭いボケから、やさしい藤田のかまわん突っ込み。バームクーヘンがおそらく彼らの決まり文句なのであろう。結成10年目にして陽の目を見ることはできなかったが、オイラの好みではおもしろさは一位であった。

さて、問題はキングコング。頑張ったなあ。努力がひしひしと伝わるねえ。でもそれが裏目に出たような気がする。西野のネタは大変作りこまれていて、梶原との稽古は相当のものだったんだろう。既に名は売れており、TVに出倒しているだけに、プレッシャーはでかく、それをはねのけようとする勢いが際立つ。時にはうるさく、嫌味にすら聞こえる二人の掛け合い。そしてTV慣れのせいか、後半空気を伺えるほどの余裕すら感じられた時に、優勝はねえなってオイラは思った。資質ってものを感じた。

キンコンが余計にうるさくしたために、サンドウイッチマンの面白さが強調されたような気がする。変則的なコンビが増えている昨今、彼らは実にオーソドックス寄りではないかと思う。ゆっくりと切り出される馬鹿にしたようなボケから、苛立つ声のでかい突っ込み。昔の吉本の漫才を見ているようだ。紳助、上沼、巨人なんかは結局このペースの漫才が落ち着くんだろう。スローに面白く、内容の濃い漫才を表現するなんてやはり才能がある二人なんだろうな。笑いは勢いだけでは語れないのである。

何故準決勝敗退をしたのであろうか、大阪吉本よりの番組であるためのアウェイな判定だったんだろうか。まあ結局は審査員の好み次第。ある程度の笑いの基準をクリアしていれば、審査員のさじ加減に頼るしかない。

 

さあ、来年こそは笑い飯にその基準を突破してほしい。キンコンがリベンジするとか言っているが、またもや空回りに期待したい。そして何より気持ちの悪い千鳥を見たい!

 

 

 

追記 

暴力団、中田カウス師匠の妙な高得点。あの笑顔が一番恐ろしいわ。むしろよく番組に出てこられましたね。まあそれだけ力があるんでしょう。

では遅くなりましたが、メリークリスマス!来年もまたM-1でお会いしましょう。

|

« 散々たる結果に | Main | テレビの魅力 »

Comments

ただいま。
見たわー俺も。。。

笑い飯はつかみ的なヤツを結局延々ひっぱたな。流石と思ったわ。スロースターターとかじゃなく、分かりにくい奴だったな。あのスタンスはかなり好きだわ。
アレがハリセンに負けたとは思えん。

ただ、サンドウィッチマンは面白かった。漫才って言うのがビシビシ伝わってきたな。

あとはカウスだな。何イメージアップねらっとるだい!!!!

Posted by: 直角 | 28 December 2007 at 11:19 PM

おうただいま。
カウスの笑顔がまた何とも言えないM―1のイメージを創造しとるね。怖い怖い。
 
寿美男からもコメントあったけど、一発飲めたらええな。それではまた。

Posted by: たっくじーにょ | 29 December 2007 at 12:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180178/17486402

Listed below are links to weblogs that reference 実に面白い:

« 散々たる結果に | Main | テレビの魅力 »