« January 2008 | Main | March 2008 »

25 February 2008

肩透かしを食らったのはオイラだけでは無い

土曜日のこと。雪の降りしきる中、オイラは実家へ帰った。

実家に入るなり、普段なら確実に昼寝をしているオヤジの様子が、全く違うことに気付く。まるでオイラのような挙動不審ぶりで、隅々まで居間の掃除をしている。そしてやけに肩に力が入っていたようにも見えたんだ。

無理もない。いや、本当のオヤジの気持ちなんてオイラには想像すらつかないが。。

 

オイラの姉が帰ってくる。今年籍を入れるであろう彼氏と一緒に。

 

姉が将来の義兄と帰省するのは今回で二度目になる。前回は顔合わせ程度で会を締めたが、今回はそうもいかないだろう。義兄の大舞台、彼は人生の新たなスタートを寡黙で敬語が苦手なオヤジに対して宣言し、いつまでも独身でフラフラしていた姉もようやくここで小さな花を咲かせることになるだろう。

そんな大舞台に興味本位なオイラは、執拗な茶々を入れるために勇んで帰ってきたのだ。しかしそんな心とは裏腹に、昼寝の出来ないオヤジの何とも言えないうしろ姿を見ると少しだけ切なくもなった。まさに対オトコである。

 

外は大雪に加えて豪風だった。オヤジが心配した通り、姉達は羽田で一時間足止めを食らったが、ようやく搭乗するとの連絡があった。

オヤジは落ち着かないのかひとまず職場へ戻った。オカンはオイラと新たな家族を含めた五人での会食を用意し、とある寿司屋に予約をしていた。両者とも気合いは十分である。

そんな両親の気合いに触発されたオイラは空港へ姉達を迎えるために見切り発車。

 

 

やはりオイラは雪男。空港に近づくにつれて風雪は強まり、真横から車を攻め立てる。

後はご想像の通りである。

空港上空を旋回し続ける鳥取便は、何度も着陸を試みたがこの通りの天候によって難航を極める。オイラが空港に到着して一時間後、ANAにもようやく諦めがついたようだ。

「鳥取便は、伊丹に着陸いたします。」

 

完全に肩透かしをくらったオイラは空港を後にし、再び実家へ舞い戻る。完全にガソリンと時間を無駄にしたオイラはオヤジの何とも言えない顔を見てますます腑に落ちなかった。

それは残念なようでちょっぴり安堵しているようにも見えたのだ。娘を想うオヤジの心なんてまだまだガキンチョのオイラには分かりませんなあ。

 

その後、折角なので予約していた寿司屋にこの三人だけで向かうことに。痩せて頬のこけた車だん吉と、妖艶らしさがひとつも感じられない夏木マリ、そしてロナウジーニョ改め生瀬勝久は静かに寿司を楽しむだけであったのだった。。

 

極度の緊張感はまたの機会に持ち越しと。

それがオヤジや義兄にとって良かったのか悪かったのかなんてオイラには

 

「関係~無いから、関係無いから! 関係~無いから、関係無いから!!」

である。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

19 February 2008

ほど良い距離感と掻い摘み

そう、昨夜の続きである。

ようやく渋滞は解除され、ゆっくりと進みだした。その先にはオイラが到着するのを待ち構える者どもが居る。

キセリじーにょをはるかに上回るキセリマスター達がさらにイライラしながらオイラを待っていたのだ。そもそもコイツらが居なければオイラはとっくの昔に下山しているであろう。

 

キセリマスター改めブログマスター達との久々のオフ会である。リンク先の直角とチャンピョンである。大学時代の友人というわけではないので、会おうと思えばいつでも会えたんだが、飽きっぽいオイラは久しく彼らのバスケチームにも顔を出せてなく、折角の誘いも何やらかんやらで会う機会がこの日まで無かった。

ボードっていうよりもこのキセリマスター改めブログマスター達と会うのが本来の目的だったのかもしれない。

実に半年ぶりくらいであろう。

 

ほど良い距離感。これは決して仲が悪いわけでは無い。

ブログを書いている人なら多少理解してくれる人も居ると思うが、普通友人との久々の再会ならばある程度会話の滑り出しのセオリーってのは決まっているものである。

だが長いこと会っていなくても、何故か互いにブログを読んでいる、読まれているという意識が働くとそうセオリー通りにはいかない。掻い摘んで話を進めることもできるし、何故か阿吽の呼吸や眼で会話をするシーンもあったりする。

ちょっとした親近感が沸くのもあるが、ちょっぴり恥かしいこともある。互いのブログはオンラインに閉まっておくべきなのか、それをネタにシャバで話をするものなのか。そういう変な迷いの空気に包まれることもある。

 

このキセリマスター改めブログマスター達はどうか。

実物はまるで健康オタク。ひっそりとお家でニヤニヤしながら書いているオイラを思えば、彼らがコソコソとお家でパソコンを叩いている姿が想像つかない。そんでもって日頃そんなに悶々としてそうにも見えないし。

皆がそうなのだろうか。

オイラの場合は基本的には同一人物ではあるが、たまにじーにょが脱線することは正直否めない。そこら辺の絶妙な距離感や表現法なんかもブログの醍醐味なのかもしれんな。

 

 

んで、ボードはって??

 

吹雪吹雪!最高最高!!筋肉痛痛!!!

このキセリマスター改めブログマスター達の快進撃はまだまだ始まったばかりである。背中を押されっぱなしのオイラであるが、たまには得意分野の酒場で合流してくれ。

 

おい!じーにょ!!また酒かい!!!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

18 February 2008

準備が悪いなあ

170208_0956_2やれやれ凄い降ったもんだ。

この土日は勤務完全休業であったため、滑りに行ってきた。片道30分、近場の大山でオイラは十分に事は足りる。特にガッツリ泊まり込みではなく、全くの別件で二日連続雪山へ上がることに。

土曜日は主に指導がメインであったため(他人様に教えるほど決して上手では無いが)、ほとんど疲労感はゼロ。強いて言うならば気温がやや低かったかな。

 

問題は日曜だ。

前にも書いたけどオイラは今や二日連続で滑るほど、ボードに対する熱い情熱は無い。正直別に行かんでもええでないかって、思わせる程の悪天候だったし。

重い腰をあげながら雪をかきかき、愛娘である四輪クドーを走らせる。途中までは順調だったが、あと少しってところで微動だにしない大渋滞に巻き込まれた。

イライラした。確かにここ最近では一番の積雪量だったのかもしれない。それでも腹が立ったのは、ここ大山は西日本ではそこそこ知名度のある雪山であって、ある程度のWRCスゥーデンラリーを挑む覚悟を持って上がるべきではないのかと思ったからだ!!

少なくともオイラはそう思って何年も蹴散らしてきた。

 

しかしこのザマはひどいものだ。

下手な二輪クドーで上がるのならばせめてチェーンを着けるべきだ。強引にFRで攻める奴ならばその思い上がった自信に伴う責任を持て。もちろんその群れは県外者が多くを占めてはいたんだが、悲しいことに地元ナンバーの奴までかなり目立ったな。

そして一番はツアー客を乗せたバスである。お前らプロだろ!何をオイラの目の前で惜しげも無くスベッとっだいや!!ごっつい怖いがないや!!!

 

さらに渋滞に痺れを切らしたキセリぶった馬鹿者がオイラを右から抜きやがった。

しかしそんなに雪山は甘くはない。それ以上に痺れを切らしたキセリまがいの短気者どもが上がるのを諦めて、Uターンを始めだした。

馬鹿者と短気者が右車線で睨みあう。

無論勝者は短気者。バックのまま右車線を情けなく下る馬鹿者の姿は、実に滑稽でオイラの時間潰しに十分に値するものであった。もちろんオイラは前の車にぴったりと付け、その馬鹿者を間に入れるスペースを与えない。

 

さて、30分ほど車は渋滞のまま動かない。当の本人キセリじーにょもそろそろ痺れを切らしかける。実は中止にしてもええでないかと密かに思いだした。馬鹿者になる気は毛頭無いが短気者にはそそられるのも事実。

 

しかし帰る訳にはいかない。待ち合わせをしている限りここではおめおめと引き下がれない。

暇を持て余し、広島から一人で来られていた前の車の兄ちゃんと談話をすることに。まるでゴミ捨て場のおばちゃん連中のようなトークだ。

 

そうしてようやく車は動き出したのであった。。。

 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

11 February 2008

口が災いの元

どの口だ!?

この口だがな!!これがいけんだがないや!!!

 

また言ってはいけないことを口に出してしまった。一度頭で整理してから発言すれば世の中そんなに事故は起こらない。もはや悪気は無かったなんて言い訳にならないのだ。

イジリ芸人は実に羨ましいポストだ。人を小馬鹿にして笑いがとれるなんてさぞかし幸せなのだろう。

 

行きつけの美容院。いつも通りのカットを頼む。いつものオイラの担当者は相も変わらず忙しそうで、シャンプーやマッサージは別の担当や新人が受け持つことに。

その微妙な時間帯があまり好きではない。その娘らと話すことは最初から何も無いのだが、黙っているのも不自然である。お互いに興味が無いなら無いなりに何か話をふった方が良いような気もする。ずけずけと向こう側から話しかけられるならまだしもな。

 

新人。

何を話すか。ここに至るまでの経歴か?いや、年齢を聞いちゃうか??直球勝負でいくべきか、シンカーで挑むべきなのか?

最近の時事ネタか、担当者との関係でも話すものか、それとも結局無視でもいいのだろうか。

いーや、見た目でもいいかもしれん。

よし誰か似てる芸能人でも探そう。そうしよう!!

 

見る。その娘を見る。

しかし誰にも似ていない。そりゃそうだ。オイラじゃないんだから、そんなに似ている芸能人なんていないだろう。

沈黙に耐えかねて視線をそらす。すると、その娘の手首に目が止まる。

両手首に肌色のテーピングをぐるぐると巻いていた。そしてその数秒後には事故が起こっていた。

 

「あんたどがなリストカットしとっだいな!!???」

 

沈黙。

 

また言ってしまった。その娘のリアクションが実に微妙で、微かに小さな声で否定をされた。

アーメン。

その後のマッサージが実に痛かった。いいんだ痛くて。この痛い言動はどこまで独り歩きするのだろうか。

産む機械、腐った羊水。

 

独り歩きは実に恐いものである。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

10 February 2008

胸が痛む

尋常では無い。そしてこれは別にストレスや恋煩いでも無い。そりゃ当ったり前田のバーテンだ。

 

実は丁度一週間前に雪山で胸部を強打した痛みが未だに直らない。テンションだけが先行し、ややFS気味でBOXへ宇宙旅行。

狂喜乱舞の着地失敗にオイラの肋骨は風前の灯。

 

懸賞が当たろうが、カーテンが燃えようが知ったことではない。とにかく痛むんだ。

痛みは日に日に強みを増し、無情にもオイラの生活に大きな支障を与える。痛みを忘れるのはそう、、泥酔した時のみである。

左腕に力が入らない。くしゃみや咳をすればあまりの激痛にふさぎ込む。いつになったら治ることやら。

 

先日先輩に箇所を撮ってもらったが明らかな骨への損傷は伺えない。だとしたら単なる強い打撲なのだろうか、いやそうであって欲しい。

とりあえず休み明けに今度は脂肪抑制で炎症範囲をチェックしてもらおう。そしてあわよくば3Dで形体診断をしようではないか。

 

せっかくの連休であるが少し休もうか。体がそうオイラに訴える。

 

いや、最大の麻酔薬である暗黒生ビールでもぶっかける事にしよう。それでオイラの体と今一度勝負を計ろうと思う今日この頃。。

 

通称ドS。性根はドMなオイラではあるがこればかりは不味いお味だこと。

ではまた。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

05 February 2008

我が家シリーズ完結

ああああああああああああーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!

 

Img_1043_2数回ほど連続でお送りした我が家のささいな独りブログはこれにて終了。

 

あっという間の出来事だった。

見てお分かりのようにカーテンが。。。。

 

これまた今宵、ベランダに出て一休みをしていた。

 

外に出る際に、勢いよくカーテンをまくりあげ過ぎたようだ。見たまんまであるが、セラミックヒーターをカーテンが完全に覆った。異常な匂いとともに煙が部屋に舞い上がる。部屋に戻った数秒後には衝撃的映像が飛び込んできた。

 

危なすぎる。もう少し遅ければファイヤーだ。これは完全に若奥様のノロイである。

黙って生活しますので、許して下さいませ。

昨夜にして今夜はごっついえーらいわあ。

 

そうそう上手くはいかないように世の中の仕組みはできている。

と思いながらお祓い申し上げます。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

04 February 2008

きゅういんりょく!!!

なんてこった!!久々に我が家で独り、大声で吠えた。

その吠えようといえばまさに闘将ロイ・キーンの如し。。

 

 

オイラは、てか皆様が当たり前に所持しているクレジットカード。これがまたオイラの場合、己の懐にどんどん急増している。財布にはおびただしい数のクレジットカード。おばさんの財布なみの厚さになってきているのだ。店員に勧められたり、その場限りの特典に惹かれたりで結構面倒なことになっているのが現状である。

一応神経質な性格なので、オイラはそれぞれの会社のサイトにアクセスし、ポイントやキャンペーンを常日頃から把握しておりますゆえ。

その中のキャンペーンが!!!

 

ご当選おめでとうございます。Img_1042

「1等 A ダイソン サイクロン掃除機(DC 12plus complete)」

こ、これは!!!!やばい!!

知る人は知るぞよ掃除機界の王様、キングオブクリーナー。いよいよオイラも欧州に進出である!

 

完全に応募したのを忘れとった!ご不在連絡票を見る限り、単なるカード更新と思ったら大間違い!無数のビンゴカードが二次会で散っていたツケ今がようやくである!

人生で初めて発送をもって当選を知らされたのだ!

 

んんん??お前がそれを所有する必要があるのかって?

まあ本音は正直イイものを持ちたいPLAYである。そりゃ実家にご住まいの方や、ご夫婦の皆様や、OLの皆様に使って頂いたほうが断然こやつは喜ぶだろう。

しかし、やらん!オイラが狭い我が家でこやつを縦横無尽に無駄に利用してやる!!夜中だろうが、ガンガン掃除したるけーな!おい聞いてるのかこないだの若奥様!!

 

へへへ。

 

市場価格をみれば7、8万円はくだらない代物だ。ますます嬉しいぞ!!絶対買わんもん、こがな高い掃除機を自分では。

今宵は珍しくオイラのヒキに乾杯である。。。

 

 

ではまずオイラの心からクリーンにさせてもらうとするか。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »