« April 2008 | Main | June 2008 »

21 May 2008

LOVESONGS

どんな生き方をしてきたか。

どんな風に周りに思われていたのか。

何かを愛しいと思ったことはあるのか。

何かを守るために必死に愛したことはあるのか。

 

今のオイラには皆目見当がつかない。

 

人は孤独では生きていけないのか。

人は失うことの悲しみを忘れるものなのか。

男は前に進まなくちゃいけないのか。

男は涙を流しちゃいけないのか。

 

今のオイラにはそんな問いかけしかできやしねえ。

 

全てを振り払いたくなる時がある。

気の向くままにやさぐれたくなる時もある。

人を傷つけ、それ以上に自分を傷つけたい時もある。

人の喜ぶ顔を見て、それを何よりの幸せだと思う時だってある。

 

だからこそ人間は奥ゆかしく素晴らしい生き物だ。

だからこそ剛の曲を聴きたい。

まっすぐな瞳の彼の曲こそがオイラの本質にあるんじゃないのか。

 

剛が唱えるんじゃない。

それを聞いたオイラが感じ取るんだ。

 

それを感じ取ることができたなら。

素直に分かち合う大切さを

素直に笑ったり泣いたりする彼方を美しむことができたなら。

そのときこそオイラは最高の剛ファンだと自信をもって言いたい。

 

Img_1151_2 

だからオイラは聞く。

これからもずっと。。。

 

 

そうさ。オイラは人間だもの。

 

 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

18 May 2008

美しい涙には

大いなる訳が付きものだ。

 

昨夜久々に綺麗な涙を見た。オイラが綺麗なんて表現するのはおこがましいのかもしれないけど。

多くは語らない。すべては涙が物語る。

オイラの父親のここ一番での決め台詞。当然姉は泣くしかないのであろう。親子愛ってのは異性の方がより協調されるのは当然の事だ。

無論あちら方の母親も感極まっている。

 

 

本当に素晴らしいの一言である。

 

まだまだオイラには手の届かない涙だけれども、そんなオイラでも貰い泣きで十分なのだ。

さて、姉達の披露宴は石垣島で行われる模様。

初の沖縄だ。

 

ごっつい楽しみ!!!!

 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

17 May 2008

引き締めるところに

ようやく車の修理が終わった。

たかだか一瞬の気の迷いから起こる寸劇。ますますこれから起こりうる寸劇だ。これからはさらにケツの穴を引き締めていきたいところなのだが。。。

 

 

歳を重ねると自ずと考えごとは増えるもの。暇さえあれば自問自答する機会も増えてくる。なぜこうもオイラには自分が無いのだろうかと。

 

元々オイラには協調性というものが全く無かった。何をするにしても自らを主に考え、それに対する飽くなき利潤の追求は止まることを知らなかった。それでも学生時代から社会人になるに従い、オイラでもまあ少しは周りの人達のことを考えられるようになったかな、って思っていた時期があった。そこら辺からオイラの八方美人説は始まることに。

久々にあった連れに言われた。八方美人ってことは空気が読めるってことだって。確かにそうかもしれない。そうかもしれないが純粋なものとは程遠い気がする。

 

その場を穏便に済ませたいだとか、相手をとりあえず立てるだとか、一応嫌われたくないだとかそんなつまらんことばかりが思考を駆け巡り、気づけばそこには全く自分では無いキャラがしばしば出来上がる。

全ては自己防衛。相手のためでは無く己のためにやっていることなのだ。そんなことだからいつも女性によく分からない人だと言われて逃げられる。

 

 

うーん。オイラは誰だ。今どうしたいんだ?

 

今の正直な気持ちは、、、

 

うん。ケツの穴が痛いのだ。今回の痔は相当長引いている。

辛い物の過剰摂取や酒を飲み過ぎたわけでもなく、ただ普通に私生活の中から再発されたイボ痔。

これだけは素直に言える。

 

椅子が痛い!!!

 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

06 May 2008

きっかけはあらゆる場所に

二日酔いにはもう幾度となくやられております。今朝もそのようですな。

もう二度と飲みません。はい嘘です。

 

 

昨夜は久方ぶりな地元の連れとバーベキューにボーリングにカラオケと、男10人でぞろぞろと深夜徘徊。年齢を感じさせない程のテンションに馬鹿げたノリと大量のビールのおかげで非常に心地が良かった。

あの心地良さが続けばいいのに。

 

 

朝起きた際の激しい頭痛と吐き気。そりゃそうだ。昨夜最後の最後まであれほど生中を飲めば誰だって副作用は発生するであろう。自分でもびっくりするくらいだわ。

とりあえず飲み物を求めて実家の冷蔵庫に歩みよる。

何か知らんけど、冷蔵庫のボードを見てさらに吐き気を催した。おそらく母親の意味不明なメモ書きだ。

 Img_1103

リバース。昨夜の楽しいひと時の記憶まで一緒に吐き出したようだ。ほとんど後半の記憶が無いのだから。

何事もほどほどとは言いますが、この病気は中々治りませんなあ。。

 

だって治す気が無いんだら?

確かに今んとこありませんなあ。。

 

病気になってからでは遅いぞ!拓郎!!

って言われている気がしましたとさ。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

02 May 2008

相方の暴走

起きた!

朝だ!パンだ!!新聞にNHKだ!!

コーヒーを飲む!!

寝ぐせそのまま家を飛び出した。。。

 

そこまではいつも通りの日常。そして相方である我が愛車に乗り込み、エンジンをかけるオイラ。相方のエネルギーはもちろんハイオク。今回の値上げで相方は完全に踊らされ、ハイオク差別に拍車をかけられたためか、イライラが募ったんだろう。何ともし難い結果を招くことに。

 

暖気運転終了!!

クラッチを踏み、ギアを1速に入れる!!

そしてゆっくりと半クラにし、アクセルを踏みだすオイラ!!

考え事をしていた隙を伺い、相方は奇行に走り出し、とたん急発進!!

 

我が家の駐車場を抜け出すためには二つのコーナーをそれぞれ90度に左折しなければならない。だが毎日それを繰り返していたために、無意識に感覚だけで相方を操縦していたのが大きなツケを生むことに。

 

発進するや否や、相方はいきなりコーナーを執拗に攻める!

マリオカートの縁石攻めのごとく、はたまた頭文字Dの溝落としのごとく、相方は強引にイン!イン!!イン!!!

それはオイラが相方の手綱を握る前に、勝手に暴走を始めたようにも思えたのだった!そして急発進してからおよそ3秒後に断末魔の叫びが聞こえた。

 

 

ガリーン!!

内輪差ガリーン!!!

心の骨が折れるような音だった。。。

Img_1101_2

相方の勝手な振る舞いのお陰で、我が家のベランダと相方の足、そしてこのオイラは完全に意気消沈。

このご時世。折角のGWではあるけども、ここはグッと堪えてお家で反省会です。

 

 

皆様も連休中は何とぞお気をつけて。

 

ではオイラに続いて発声を宜しくお願いしまーす。

「内輪差!巻き込み目視!!要注意!!!」

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »