29 June 2008

相方の暴走 弐

雲行きの怪しい中でオイラは愛車を走らせた。

たまにはエンジンに刺激を与えねばと、貴重なガソリンを程よく撒き散らす。場所はとある片道一車線の国道主要道路。

目の前を走るゆっくりとした足取りの農耕トラックが右折をした。その時であった。。

 

 

 

オイラは全く競馬に興味が無い。嫌いな訳では無いけども、今までに機会が無かったせいか競馬場に行ったことも勿論、場外馬券を買ったことすらない。

けれでも何となく日曜の昼下がりにTVでそれらを見ていると、レース中の駆け引きにはいつも興奮させられる。それも馬というよりはついつい騎手に目がいってしまう。

ただ調教という仕事をこなすだけでなく、厩舎との人々との摩擦や馬主との衝突。さらにはライバル騎手との激しい対立の中、ようやくその馬の騎手としてレースに出場していると勝手に背景を妄想してしまう。

それ以上に馬の性格や走りの特徴など持ち味を十分に発揮しなければ勝利は無いのであろう。もはや馬と騎手は一心同体なのだ。

より優れた騎手は最終コーナーぎりぎりまで血の気の濃い相方の暴走を手綱を持って制し、時を見計らったところで一斉に鞭をもってこれを解き放つ!まさに圧巻であり勝負師そのものである。うひょひょ~たまらんなあ。。

 

 

相方の暴走。何故オイラはいつも制することができないのであろうか。

トラックが右折をした後、目の前には真っ直ぐなホームストレートが広がる。天候はやや霧雨の状態で地面はダートまではいかないが、あまり良いコンディションではない。

だがライバルは辺りにはもういなかった。要は悠々とウイニングランをするだけで簡単に事は済むこと。だがオイラの相方の心境はそうでは無かった。先程まで目の前を堂々と遮っていていたトラックによってかなりのフラストレーションが溜まっていたのだ。

オイラは不覚にも手綱から手を離してしまった。相方はここぞとばかりにギアを一段階上げ、ぬかるんだ道路にめげもせず、猛スピードで突進し始めた。ハイドロプレーニング現象に怯えたオイラにはそれを制することはできずただただ車内を放浪していた。おひょひょ~。

 

我に返ったのは背後から忍び寄る刺客に気づいた時であった。

その馬の両耳には赤く点滅する大きなピアス。大きな目と口を開け、殺気に満ちあふれているその様は、まるで何かを訴えているようにも見て取れた。さらに恐ろしいのはそれにまたがる騎手共である。何故かその馬には二人も騎手が乗っていた。一人は鞭を叩きながら大声をあげ、一人は何やらおびただしい小道具を振り回している。

完全に後ろを取られた。オイラの相方による悪あがきも、もはやこれまで。

 

相方の暴走はオイラの暴走。全ての責任は騎手にある。そう思いながらオイラは無力な可愛い目をした相方の頬をそっとなでなでしながらその道悪功者から苦しくも降りたのだった。

 

速度超過~減点~罰金~。

運が悪かったなんて、そんな考えしてるくらいなら騎手を辞めてしまえ!

 

 

  

車とのつき合いには気苦労が耐えません。

順調なのは減量くらいですねえ。。。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

02 May 2008

相方の暴走

起きた!

朝だ!パンだ!!新聞にNHKだ!!

コーヒーを飲む!!

寝ぐせそのまま家を飛び出した。。。

 

そこまではいつも通りの日常。そして相方である我が愛車に乗り込み、エンジンをかけるオイラ。相方のエネルギーはもちろんハイオク。今回の値上げで相方は完全に踊らされ、ハイオク差別に拍車をかけられたためか、イライラが募ったんだろう。何ともし難い結果を招くことに。

 

暖気運転終了!!

クラッチを踏み、ギアを1速に入れる!!

そしてゆっくりと半クラにし、アクセルを踏みだすオイラ!!

考え事をしていた隙を伺い、相方は奇行に走り出し、とたん急発進!!

 

我が家の駐車場を抜け出すためには二つのコーナーをそれぞれ90度に左折しなければならない。だが毎日それを繰り返していたために、無意識に感覚だけで相方を操縦していたのが大きなツケを生むことに。

 

発進するや否や、相方はいきなりコーナーを執拗に攻める!

マリオカートの縁石攻めのごとく、はたまた頭文字Dの溝落としのごとく、相方は強引にイン!イン!!イン!!!

それはオイラが相方の手綱を握る前に、勝手に暴走を始めたようにも思えたのだった!そして急発進してからおよそ3秒後に断末魔の叫びが聞こえた。

 

 

ガリーン!!

内輪差ガリーン!!!

心の骨が折れるような音だった。。。

Img_1101_2

相方の勝手な振る舞いのお陰で、我が家のベランダと相方の足、そしてこのオイラは完全に意気消沈。

このご時世。折角のGWではあるけども、ここはグッと堪えてお家で反省会です。

 

 

皆様も連休中は何とぞお気をつけて。

 

ではオイラに続いて発声を宜しくお願いしまーす。

「内輪差!巻き込み目視!!要注意!!!」

| | Comments (7) | TrackBack (0)

14 April 2008

これが大人買い

Img_1095_2たまに平日にお休みというか非番というものが設けられる。それが実に有意義で結構一人でも充実したりするのである。

月曜日を除いては。。

 

オイラの両親は自営業を営んでいる。その店の定休日が月曜日であり、夏木マリにとってはこの上ない喜びなのであろう。

オイラが月曜日が休みと知ると、かなりの高確率でわざわざオイラの家までやってくる。だからと言って、母親らしく家事をしてくれたり何か差し入れをするつもりはさらさら無いようで。

速やかに天満屋に連れてけと豪語される。かなりキセリの振る舞い。

 

またか。

 

オイラは以前blogに書いたことがあるが、自分の洋服を買う店は前から数か所決めていて、それ以外の店では買ったりしない。しかしこの夏木マリときたらもっと極端であり、いつの頃からココでしか服を買っていないらしい。

天満屋のとあるテナントに勇み足。鼻息は相当荒く、母親らしさは全く伺えられない。この「UNTITLED」ってブランドはオイラはこの人からしか聞いたことが無く、どういったコンセプトで、客層もどこら辺を狙っているかは全く知らない。て言うか興味がない。

運転手であるオイラはLOFTや最寄りのパチ屋で時間を潰すのが常である。

 

しかしもう待ち切れずにそのテナントに様子を見に行けばあとは地獄絵そのものである。

オイラに聞いても知らんがな。自分が欲しいものを買えや。

 

ついそんな事を夏木に口走ってしまうと、その後は福沢諭吉に羽が装着される結果に。

 

 

これが大人買い。

全く理解し難いものである。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

11 February 2008

口が災いの元

どの口だ!?

この口だがな!!これがいけんだがないや!!!

 

また言ってはいけないことを口に出してしまった。一度頭で整理してから発言すれば世の中そんなに事故は起こらない。もはや悪気は無かったなんて言い訳にならないのだ。

イジリ芸人は実に羨ましいポストだ。人を小馬鹿にして笑いがとれるなんてさぞかし幸せなのだろう。

 

行きつけの美容院。いつも通りのカットを頼む。いつものオイラの担当者は相も変わらず忙しそうで、シャンプーやマッサージは別の担当や新人が受け持つことに。

その微妙な時間帯があまり好きではない。その娘らと話すことは最初から何も無いのだが、黙っているのも不自然である。お互いに興味が無いなら無いなりに何か話をふった方が良いような気もする。ずけずけと向こう側から話しかけられるならまだしもな。

 

新人。

何を話すか。ここに至るまでの経歴か?いや、年齢を聞いちゃうか??直球勝負でいくべきか、シンカーで挑むべきなのか?

最近の時事ネタか、担当者との関係でも話すものか、それとも結局無視でもいいのだろうか。

いーや、見た目でもいいかもしれん。

よし誰か似てる芸能人でも探そう。そうしよう!!

 

見る。その娘を見る。

しかし誰にも似ていない。そりゃそうだ。オイラじゃないんだから、そんなに似ている芸能人なんていないだろう。

沈黙に耐えかねて視線をそらす。すると、その娘の手首に目が止まる。

両手首に肌色のテーピングをぐるぐると巻いていた。そしてその数秒後には事故が起こっていた。

 

「あんたどがなリストカットしとっだいな!!???」

 

沈黙。

 

また言ってしまった。その娘のリアクションが実に微妙で、微かに小さな声で否定をされた。

アーメン。

その後のマッサージが実に痛かった。いいんだ痛くて。この痛い言動はどこまで独り歩きするのだろうか。

産む機械、腐った羊水。

 

独り歩きは実に恐いものである。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

05 February 2008

我が家シリーズ完結

ああああああああああああーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!

 

Img_1043_2数回ほど連続でお送りした我が家のささいな独りブログはこれにて終了。

 

あっという間の出来事だった。

見てお分かりのようにカーテンが。。。。

 

これまた今宵、ベランダに出て一休みをしていた。

 

外に出る際に、勢いよくカーテンをまくりあげ過ぎたようだ。見たまんまであるが、セラミックヒーターをカーテンが完全に覆った。異常な匂いとともに煙が部屋に舞い上がる。部屋に戻った数秒後には衝撃的映像が飛び込んできた。

 

危なすぎる。もう少し遅ければファイヤーだ。これは完全に若奥様のノロイである。

黙って生活しますので、許して下さいませ。

昨夜にして今夜はごっついえーらいわあ。

 

そうそう上手くはいかないように世の中の仕組みはできている。

と思いながらお祓い申し上げます。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

29 January 2008

プッシュ!!

しなきゃ良かった。無駄に後悔。

それは先日のとある一夜の事である。いつものように自宅のアパートに帰るや否やベランダでタバコを吸う。ちなみに自宅ではベランダでしか煙草を吸ってない。一度決めた頑固な習慣。そんな暇があればそのものを辞めればいいのにな。

 

夜の景色を眺める。そこには自宅の駐車場しか見えない最低なビジョン。数台の奥様らしき軽自動車が軒を連ねる。

一台の車に目が止まった。車内のライトが付いていたのだ。しかもこれで3回目である。

 

現在の車はどうかは良く知らないが、

エンジンのかかっていない車に明かり→バッテリーがあがる。

というオイラの昔からのつまらん方程式が頭の中を駆け巡り、何かがオイラを背中から押し出す。もう放ったらかしはいけんでーって。

 

オイラがガキの頃。。。近所の知り合いのおっさんが夜中に我が実家を訪ねた。何事かと思えば、うちのオカンの車にライトが付いたままだよって、それだけを告げておっさんは帰っていったのだ。ただそれだけを。。近所の何気ない温かみを感じたオイラのささやかな記憶である。

 

付随してそれが急に思い出されたのだ!!

 

流石にその車がどの部屋の若奥様かくらいは容易に見当がつき、完全にオイラの上の人なのだ。いっつも朝の出勤時間がかぶるけなあ。

勇気を出し、その家庭の玄関に立ちはだかる。インターホンをプッシュ!オイラの顔もカメラにプッシュ!!

 

反応が無い。しかし玄関には煌々と明かりが付いている。おそらく旦那の帰りを待っているのだろう。オイラはNHKでも宗教でもねえぞ!!くそー!!

一度プッシュした手前、中途半端に諦めれない。

 

時間差でプッシュ。完全に外野から見れば不審者である。。。。

 

「若奥様:はい。」

キター!!返事だ!!

「爺:あ、あの~。下の者ですが~。お、おそらくそちらのご家庭の車のライトが付きっぱなしのような気が致します・・・。」

「若奥様:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

 

「若奥様:あの~どちら様ですか??!!(怒り)」

何故か返答に戸惑うオイラ。さっき自己紹介したつもりなのに、こうも返されるとは。。

 

我に返る。何をやっているのだ!ここは実家でも地元でもない集合住宅のアウェイだぞ!!

「爺:失礼しました。。。」

と何故か誤ってしまいその場からオイラは立ち去ってしまった。。最悪である。

 

良く考えればそんな無理な親切がまかり通るはずがない。下手すりゃ通報ものだ。それに車の検討がつく自体ヤバいとも言えるし、社会はそんなに甘くは無い。

 

もう止めよう。そんなところに気を使うのは。

やはり見て見ぬ振りが一番なのか。誰もが偽善者なのか。

そんなに上手に生きたくはないのだが。

 

いやオイラに限っては、単にその若奥様に言いたいPLAYなのだろう。

と考える他はない。

 

| | Comments (9) | TrackBack (0)

27 December 2007

実に面白い

サンドウイッチマン。

こないだの敗者復活組からの躍進に皆さんも正直驚かれているところかと思います。

 

B3472a36f5b28aece58f945f60211209_3 オイラにとって、クリスマスなんてM-1のおまけみいなもの。M-1を見ていると、クリスマスなんかどうでもよくなる。ネオンよりもチキンよりも、そこら辺にまとわりつくアベックよりも、三度の飯より笑い飯の方が随分気になるところ。

しかし、またしても笑い飯は周囲の期待を裏切ることに。まあオイラの期待は決して裏切っちゃあいないけどな。

明らかに聞く側を意識しないマニアックなネタ。高得点を狙っている気がしない。そして毎度お馴染み時間オーバー。しかも一番手であることから、優勝候補からは完全に遠ざかる。

でもそんな笑い飯と、囁き千鳥がたまらなく好きだ。こいつらは別格である。それぞれがやりたいようにやっている。決して優勝はできないであろう。しかしこの2組はM-1では無くてはならない存在であり、永遠の汗かき役なのだ。

審査員には完全に飽きられている。出始めはもてはやされていたのに、今となれば微妙な判定続き。実に悲しかった。

 

そして最終決戦。

 

トータルテンボスは若い世代にはウケルと思う。ネタはそこまで目新しくは無いけども、スキマスイッチを彷彿とさせる抜群のキャラ。大村の司会者てきな鋭いボケから、やさしい藤田のかまわん突っ込み。バームクーヘンがおそらく彼らの決まり文句なのであろう。結成10年目にして陽の目を見ることはできなかったが、オイラの好みではおもしろさは一位であった。

さて、問題はキングコング。頑張ったなあ。努力がひしひしと伝わるねえ。でもそれが裏目に出たような気がする。西野のネタは大変作りこまれていて、梶原との稽古は相当のものだったんだろう。既に名は売れており、TVに出倒しているだけに、プレッシャーはでかく、それをはねのけようとする勢いが際立つ。時にはうるさく、嫌味にすら聞こえる二人の掛け合い。そしてTV慣れのせいか、後半空気を伺えるほどの余裕すら感じられた時に、優勝はねえなってオイラは思った。資質ってものを感じた。

キンコンが余計にうるさくしたために、サンドウイッチマンの面白さが強調されたような気がする。変則的なコンビが増えている昨今、彼らは実にオーソドックス寄りではないかと思う。ゆっくりと切り出される馬鹿にしたようなボケから、苛立つ声のでかい突っ込み。昔の吉本の漫才を見ているようだ。紳助、上沼、巨人なんかは結局このペースの漫才が落ち着くんだろう。スローに面白く、内容の濃い漫才を表現するなんてやはり才能がある二人なんだろうな。笑いは勢いだけでは語れないのである。

何故準決勝敗退をしたのであろうか、大阪吉本よりの番組であるためのアウェイな判定だったんだろうか。まあ結局は審査員の好み次第。ある程度の笑いの基準をクリアしていれば、審査員のさじ加減に頼るしかない。

 

さあ、来年こそは笑い飯にその基準を突破してほしい。キンコンがリベンジするとか言っているが、またもや空回りに期待したい。そして何より気持ちの悪い千鳥を見たい!

 

 

 

追記 

暴力団、中田カウス師匠の妙な高得点。あの笑顔が一番恐ろしいわ。むしろよく番組に出てこられましたね。まあそれだけ力があるんでしょう。

では遅くなりましたが、メリークリスマス!来年もまたM-1でお会いしましょう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

26 December 2007

散々たる結果に

Img_0906

やっとこさ更新。

ここ最近滞ってましたが、ようやく一段落したので徐々に更新していこうと思う。

それなりの事があったからだ。

 

まずは、前回書いた先輩の結婚式である。

不安であった天候にも恵まれ、素晴らしい挙式と披露宴の撮影を終えたオイラは勇み足で大山を降り、二次会場へと向かった。

予定通りの時間設定に会場仕上げ。独りよがりにならない雰囲気作りをモットーに、二次会統括本部長であったオイラはいささか鼻息も荒い。

 

もちろん全てをオイラが作りこむわけではない。会場、会計、進行などの統括はオイラが担当していたんだが、映像や音響は他人に任せていた。その方が確実にイイものに仕上げてくれるからだ。

今更名前は挙げるつもりはないが、そいつは完全に当日、ヤッテしまった。

何を考えているんだ。もう始まるんだぞ!ケーブルが無いってどういうことだ!音が出ないってどうすんだ!!

そうオイラは叫んだ。オイラと苦楽を共にした同士であるそいつは、完全にテンパりだした。結局ケーブルは見つからぬまま、買い出しに走るテンパ。

完全にテンパはオイラにも伝染した。オイラもテンパってしまった。訳が分からない。

 

無理矢理、新郎新婦の入場の時間をずらし、先にお客さんに飲食を始めてもらうことに。あらかじめ用意していたタイムテーブルを泣く泣くゴミ箱へ捨てる。

30分も待たすことはできない。しかも奴が購入してきたケーブルは相性が悪いため、音響不良。

もう駄目だ。入場してもらいましょう。。

 

屈辱のBGM無しでの、新郎新婦入場です。

マイクを握るオイラは既に昇天寸前。頭が真っ白なオイラはせっかくお客さんに事前に渡した入場用のクラッカーの事すら忘れる始末。

「ねえ、このクラッカーどこで鳴らすの?」

って後で客に言われた時はオイラは愕然とし、膝から崩れ落ちたのだ。

 

しかも序盤は全くのシラフであったために、口も上手く回らない。マイク滑りが非常に悪いまま余興からビンゴへ。

BGMを手にしたのは、かなり後のことだった。

開き直り、諦め、悔しさ、色んなものが込み上げてきた。しかし何とか残り僅かな時間でもキチンと責任を果たさねばならない。ビールをがぶ飲みしながらナントカその場を終えることだけを集中した。

KYだらけの司会進行にも皆が少しずつ同情してくれたようで、それなりの雰囲気で宴は終了。

 

終わりよければ全て良しでは無い。

反省点多すぎ。先輩に会わす顔が無い。こんなのでは駄目だ。

Img_0982

 

実に感慨深い。今まで何度か二次会をやりくりしてきた分、おごりもあったんだろうな。

すんまへん先輩。

本当に当日は言い忘れましたが、

ご結婚おめでとうございます。

もし、機会あればもう一回、二次会しませんか?

リベンジさせてくださいませ。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

15 November 2007

過信の代償

P1010882先日、お仕事の関係で広島に居た。

そこでオイラはアッサラーム所属あばれザルからの如く痛恨の一撃をまともにくらい、やりきれない思いで今も胸が苦しく落ち着かない。

 

仕事を始めて、はや5年目となる。職業柄、人前でスピーチ等をすることは多々ある。また、忘年会の余興や連れの披露宴での挨拶などを含めると、定期的に脇汗を垂れ流すこなど造作なく、これまた生活の一部ともしている。

人は誰でも経験を積めば大体のことは慣れるもの、その場の雰囲気でやりきることすら問題無くなってくる。そう今までは軽々しく思っていた。

場数さえこなしていれば、という甘い考えがこの場の直前に一瞬よぎった。。

 

だが、いつもと根本的に今回は違っていた。そう、

シラフである。

この場とは、中四国ブロックで開かれる学会での場であり、それに参加したオイラは今回、演者という勢いで成し遂げる仕事ではなく、冷戦沈着に物事を進めていく座長と言われる仕事。言わば非常にお堅く、無い頭を振り絞り、時間にシビアな融通の効く司会みたいなものだ。

そがな芸当はそんなに簡単にできるものでは無かった。下手に気負いすぎたオイラは初回からつまずき、自分が何を話しているのか分からない。完全に我を見失ってしまったのだ。

前夜の飲みすぎもたたり、集中力も続かない。あとは挙動不審に陥るばかりであった。。

 

なんとか事を終えたオイラは自分に愕然とした。

こんなことでは不味い。結局いつも酒の勢いに任せていただけなのだ。

 

今週末はいよいよ職場の大切な友人の披露宴。受付から始まり、披露宴スピーチから二次会幹事に総合司会との脇汗オンパレード。

もう一度出直せ。空気を読め。そして基本落ち着けこの野郎。いつまでも眠っていては申し訳が立たぬ。

でもやっぱり飲むべし!!シラフではいささか頼りなし。

 

いざ出陣である。

いずこに参るかはその運次第、勝利は敵か味方かな。。。

誰かにザメハを唱えてもらいたいくらいである。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

14 October 2007

おひさしブリーフ

Img_0689_2何とも久々の更新。

 

しばし休憩をしていた。夏の怒涛の無計画旅行の疲れのせいなのか、栄養失調なのかここ最近は本当に体がだるい。そして金も当然の如くない。ない。ない。

だがそうも言ってられん。これからまた巡ってくる怒涛の企画運営、司会進行の山盛り沢山。もうたくさんって奴だ。

そろそろ重い腰を上げねばならぬ。皆の笑顔が見たいから、そして自己満足をしたいからだ。

 

さて、ちょいと話をズラす。

オイラが良く、必要以上にあちこちに遠出をしているのは皆様もご周知の通りであるが、その大半は出張や連れの結婚式である。特にオイラが好き好んでぶらり旅をしているわけでもない。

だからそんな時はほとんどスーツを着ている。しかしオイラは職種柄、スーツを仕事で着る必要はなく、このスーツ一着しか所有していない。貴重な一着なのだ。

だが、このスーツにも限界が来たようだ。つい先日スーツを着ることがあった。所要をすまし、一休み。するとオイラ対して急に笑い出したお方が。

何ですか?何か変ですか??

 

相当変だ。いや、事件だ。

ズボンからチラリとブリーフ出現!!!!????

チラリどころではない!ほぼ全開である。

 

衝撃である。何時から破れていたのだろうか。まさかこないだの神戸出張の際にも既に裂けていたのか。あるいは見てみぬ振りをされたのか。真実は分からない。

背筋がゾクッと凍ったような気がしたなんて、まさにこの事だ。

 

よくもまあここまで履き潰したもんだ!そんなに人生、裂けるもんじゃないよ。しかも15センチ以上も。

来週は連れの披露宴だ。速やかにスーツを買いに行かねば!時間がない。もしも気付かずにその披露宴に行ってたとしたら、、、、皆はフォローしてくれたんだろうか。

答えはノーだ!絶対笑うだろうな。腹抱えるか失笑の渦かどちらかだと思うな。オイラが逆の立場ならそうだもん。

 

皆様も、一度お尻の確認を。

| | Comments (8) | TrackBack (1)